Bve trainsim

Bve trainsim について

Bve trainsim は、列車の運転をシミュレーションする Windows 用ゲームで、個人で制作しているフリーソフトです。

特徴

ユーザーが独自の路線や車両を作成できます

ウェブ上に多くの路線データや車両データが公開されています。データをダウンロードして組み込むことで、運転できる路線や車両を増やすことができます。

車両の挙動を忠実に模擬することに重点を置いています

現実感を高めるために、あらゆる動きの計算に運動方程式を使っています (列車の加減速、車輪の空転、車体の動揺、運転士の視界の揺れ、計器の針の動きなど)。それらの動きは単なる演出ではなく、物理シミュレーションの結果です。

紹介記事

Vector
Vector
実際に近い運転環境を味わえる、“リアル度”満点の3D CG列車運転シミュレータ
Softonic
Softonic
気分は運転手! 列車の運転をリアルに再現
ITmedia
ITmedia
オフの楽しみ、R732/W3で「鉄道シミュレータ」とたわむれてみる

開発状況

Bve trainsim の次期バージョンの開発方針や状況について開発ノートに時々書いています。

歴史

インターネットでの公開まで (バージョン 1 以前)

Bve trainsim の始まりは、単純にプラットホームに列車を停めるというプログラムでした。ダイヤも信号もなく、まっすぐな線路を走るだけでした。もっと見る...

名前の由来

私の地元 (当時) を走っていた好きな車両の一つ、255 系電車の愛称「房総ビューエクスプレス」に由来します。

このソフトを初めて公開する際、覚えてもらえる名前がよいと思い、その電車の愛称をもじって「暴走ビューエクスプレス」という名前を付けましたが、英語で表記すると元と区別がつかないことや、その電車のイメージを悪くしてはいけないと考え、頭文字の「BVE」をソフトの正式名称にしました。

謝辞

Bve trainsim は多くの方々のご協力を賜り制作しております。誠にありがとうございます。

© 2013 mackoy