シナリオファイル


BveTs Scenario 2.00:文字エンコーディング
Route = ファイルパス1 * 重み1 | ファイルパス2 * 重み2 | ...
Vehicle = ファイルパス1 * 重み1 | ファイルパス2 * 重み2 | ...
Title = 文字列Image = ファイルパス
RouteTitle = 文字列
VehicleTitle = 文字列
Author = 文字列
Comment = 文字列


ファイルヘッダー

ファイル書式

そのファイルの書式を示す文字列をファイルの先頭に必ず記述しなければなりません。

文字エンコーディング

ファイル形式の後に、コロン ( : )、そのファイルの文字エンコーディング、改行の順に記述します。コロンの前後に空白を挿入することはできません。文字エンコーディングの記述を省略した場合、UTF-8 と認識されます。

シフト JIS の場合、ファイルヘッダーは以下のようになります。

BveTs Scenario 2.00:shift_jis


注釈 (コメント)

シャープ ( # ) またはセミコロン ( ; ) から改行までの文字列は無視されます。


ファイル参照


マップファイルの参照

Route = ファイルパス1 * 重み1 | ファイルパス2 * 重み2 | ...

マップファイルの相対パスを記述します。複数のファイルを | で区切って記述すると、シナリオ開始時に 1 つのファイルがランダムに選ばれます。ファイルの後に重み係数を記述します。重み係数が大きいほど、そのファイルが選ばれる確率が高くなります。重み係数の記述を省略した場合、重み係数は 1 になります。

Route = mackoy.Keisei\Map-Dry.txt * 2.5 | mackoy.Keisei\Map-Wet.txt


車両ファイルの参照

Vehicle = ファイルパス1 * 重み1 | ファイルパス2 * 重み2 | ...

車両ファイルの相対パスを記述します。記述方法は、マップファイルの参照と同じです。


シナリオ情報

シナリオタイトル

Title = text

「シナリオの選択」ウィンドウに表示するシナリオタイトル。

サムネイル画像の参照

Image = ファイルパス

「シナリオの選択」ウィンドウに表示するサムネイル画像。画像ファイルの相対パスを記述します。

路線名

RouteTitle = 文字列

「シナリオの選択」ウィンドウに表示する路線名。

車両名

VehicleTitle = 文字列

「シナリオの選択」ウィンドウに表示する車両名。

路線と車両の作者

Author = 文字列

「シナリオの選択」ウィンドウに表示する路線および車両の作者。路線と車両とで作者が異なる場合、両方の名前を記述します。

シナリオの説明

Comment = 文字列

「シナリオの選択」ウィンドウに表示するシナリオの説明。

© 2013 mackoy