Bve trainsim > Create scenario > File formats > Vehicle

Instrument panel file

format:encoding
[section1]
key1 = value1
key2 = value2
...
[section2]
key3 = value3
...

File header

File format

The file format must be described always at the beginning of the file. The string indicating the current instrument panel file format is

BveTs Instrument Panel 2.00

Character encoding

The character encoding of the file may be described after the file format. If the character encoding is omitted, UTF-8 is used.

For example, the file header of ISO 8859-1 is shown below:

BveTs Instrument Panel 2.00:ISO_8859-1

Comments

Text from a sharp ( # ) or a semicolon ( ; ) until the end of the line is a comment, and is ignored.

Sections and keys

Setting items are grouped into sections, similar to the INI file.

Sections

Cab panel is formed by a combination of the following gauge elements. The instrument elements correspond to sections.

Section name Description
This 表示領域とベース画像
PilotLamp 表示灯
Needle 指針
DigitalGauge 円形デジタルゲージ
DigitalNumber デジタル数字

This section

表示領域とベース画像を設定します. このsectionを複数記述することはできません.

Resolution = value
ズーム 1 倍の時の X 解像度

Left = value
視点移動で表示可能な限界の座標

Top = value
視点移動で表示可能な限界の座標

Right = value
視点移動で表示可能な限界の座標

Bottom = value
視点移動で表示可能な限界の座標

DaytimeImage =path
昼間のビットマップイメージ

NighttimeImage =path
夜間のビットマップイメージ

TransparentColor =color
透過色

Center = x, y
デフォルト視点において画面の中心になる座標

Origin = x, y
消失点の座標

PilotLamp section

表示灯を追加します. This section can be declared many times.

Subject = subjectKey
表示する状態量

Location = x, y
パネル画像における表示灯左上の座標

DaytimeImage =path
昼間のビットマップイメージ

NighttimeImage =path
夜間のビットマップイメージ

TransparentColor =color
透過色

Layer = layerIndex
レイヤー

Needle section

指針を追加します. This section can be declared many times.

Subject = subjectKey
表示する状態量

Location = x, y
パネル画像における回転中心

DaytimeImage =path
昼間のビットマップイメージ

NighttimeImage =path
夜間のビットマップイメージ

Color =color
面の色

TransparentColor =color
透過色

Origin = x, y
針の画像における回転中心

Layer = layerIndex
レイヤー

Radius = value
針の半径

InitialAngle =angle
最小値を指す針の角度

LastAngle = angle
最大値を指す針の角度

Minimum = value
最小値

Maximum = value
最大値

NaturalFreq = value
針の固有角振動数

DampingRatio = value
針の減衰比

DigitalGauge section

円形デジタルゲージを追加します. This section can be declared many times.

Subject = subjectKey
表示する状態量

Location = x, y
パネル画像における回転中心

Color =color
LED 消灯の色

Layer = layerIndex
レイヤー

Radius = value
ゲージの半径

InitialAngle = angle
最小の角度

LastAngle = angle
最大の角度

Minimum = value
最小値

Maximum = value
最大値

Step = value
分解能

DigitalNumber section

デジタル数字を追加します. This section can be declared many times.

Subject = subjectKey
表示する状態量

Location = x, y
パネル画像における数字左上の座標

DaytimeImage =path
昼間のビットマップイメージ

NighttimeImage = path
夜間のビットマップイメージ

TransparentColor = color
透過色

Layer = layerIndex
レイヤー

Interval = value
数字配列画像の 1 コマの高さ

Timetable section has abolished.

Values

subjectKey

Name Type Description
true bool 常に true
kmph float 速度 [km/h]
kmphd0 int 速度 [km/h] の 1 の位
kmphd1 int 速度 [km/h] の 10 の位
kmphd2 int 速度 [km/h] の 100 の位
bc float ブレーキシリンダ圧力 [kPa]
bcd1 int ブレーキシリンダ圧力 [kPa] の 10 の位
bcd2 int ブレーキシリンダ圧力 [kPa] の 100 の位
mr float 元空気溜め圧力 [kPa]
mrd1 int 元空気溜め圧力 [kPa] の 10 の位
mrd2 int 元空気溜め圧力 [kPa] の 100 の位
sap float 直通管圧力 [kPa]
bp float ブレーキ管圧力 [kPa]
er float 釣り合い空気溜め圧力 [kPa]
am float 電流 [A] (力行: +, ブレーキ: -)
amabs float 電流 [A] (力行およびブレーキ: +)
door bool ドアの状態 (全ドア閉: true, いずれかのドアが開: false)
doorl0, doorl1, ... bool 号車ごとの左側ドアの状態 (開: true, 閉: false, 先頭車両がdoorl0)
doorr0, doorr1, ... bool 号車ごとの右側ドアの状態 (開: true, 閉: false, 先頭車両がdoorr0)
csc bool 定速制御 (ブレーキのみの制御を除く) の状態 (制御中: true, 制御停止: false)
ats0, ats1, ..., ats255 int ATS プラグインから受け取った値
power int 力行ノッチ
brake int ブレーキノッチ
hour float 時刻 [hour]
min float 時刻 [min]
sec int 時刻 [sec]

layerIndex

1 ~ 15 の整数を設定します。値が大きいほど上のレイヤーを表します。ベース画像は 0 (最も下) です。

angle

角度 [deg]。時計の 12 時の方向が原点で、時計回りが正方向です。1 周以上回る針は、LastAngle の値を InitialAngle + 360 の値に設定します。

path

このファイルからの相対パス。

color

6 桁の 16 進数で表されるカラーコード (例: FF0000)。

© 2015 mackoy